1/11 硬筆書写指導

昨日に引き続き、講師の先生をお招きして、1,2年生の硬筆書写を指導していただきました。


正しい鉛筆のもち方と、美しい線が書ける姿勢を学びました。
毛筆書写と同じく、大切なポイントがたくさんです。
特に重要なのは、親指がしっかり折れ曲がること。


字の太さも、少し力強く書くことで見栄えがします。
同じチョークでも太さが変わることに驚いていました。


机から少し肘が出るくらいの位置に利き腕を着くと書きやすいです。
手首をワイパーのように動かしやすいのです。
1年生もとても集中し、ゆっくりとお手本を真似ていました。


2年生はお手本の字の位置確認する意識を高める取組もしました。
今まで書いていた字を書くのではなく、お手本の字に学んで書くことが大切なのです。


ひらがなの書き出しは、止めてから書くのではなく、飛行機が着陸するようにすっと書き出すのがポイント!
分かりやすい例えを用いながら、具体的に学びました。


お手本を真横に置いて、一字ずつていねいに書きました。
明日の道徳地区公開講座、書写展でぜひごらんください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です