1/10 書写指導(3,4,5年)

今回も、講師の先生をお招きして、書写指導をしていただきました。
習字はきれいな字を書けるようになるための基礎づくり。
中学生以上になると、字を丁寧に書く訓練はなかなかできにくいものです。
ICT中心の社会だからこそ、自分の筆跡をしっかりと磨く時間は大切です。


3年生は、線を書く基本を具体的に学びました。
字は「山里」。檜原にぴったりですね。


字形のバランスについても、字の成り立ちなどから分かりやすく教えていただき、大人も目からウロコです。


どの子も、姿勢まで美しく取り組めていました。


4年生は、「大地」に挑戦です。
「地」の字は、偏と旁についても詳しく学べました。
ポイントが分かると、作品の字がまったく変わるのに驚かされます。


小筆の使い方も、詳しく教わりました。
鉛筆のもち方に似ているようですが、やはりポイントがありました。
子供たちに聞いてみてください。


半紙の位置も、書くごとに動かしていきます。
良い字を書くポイントはたくさんありますね。


5年生は「希望」。
難しい字なので、そのつくりについて詳しく学びました。


筆の手入れについても教わり、子供たちは興味津々でした。


書く前に、筆を整える作業。
こうした準備があってこそ、いい字が書けるのですね。

どの学年も素敵な字がかけました。
明日は、低学年の硬筆書写を指導していただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です